スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NUMBER LINK ~繋がる奇跡~ 1話  シーン2

完成
イラスト 朝倉亮
http://asakuraryou.blog11.fc2.com/

NUMBER LINK~繋がる奇跡~ 1話  シーン2



作者:春ト

著作権は春トにあり、勝手な公開は厳禁。
著作権を破る者には、厳重な処罰を与える。





<キャスト>

アキラ♀16歳【ワード数:36】
ハヤト♂16歳【ワード数:12】
亜夢♀(あむ)14歳【ワード数:23】
岬♀(みさき)23歳【ワード数:8】
司令長 不問【ワード数:1】




総ワード数:80





比率
♂1:♀3:不問1





サブタイトル   「ドッペルゲンガー少女」





(高校の教室)


1  アキラ   「昨日の犯人は、ハヤトがやっつけた。
         いつも、仕事の時は、オレとハヤトで現場に行き、
          亜夢のサポートを受けながら犯人を捕まえる。
          オレは、ハヤトの現場でのサポ-ト役で、直接、犯人を捕まえたことはない。
          オレにプログラムが使えればいいんだけど、いまだに、プログラムを使えない」

2  アキラ   「本当に、1人に1つだけ適合するプログラムがあるんだよな。
          例外なく、1人に1つのプログラムが使えるはずなのに、
          どうして、オレには適合するプログラムがないんだよ…」

3  ハヤト   「どうした、アキラ!?」

4  アキラ   「あ、ハヤトか」
       
5  ハヤト   「アキラが珍しく、難しい顔して悩んでるから、
          能天気なお前が悩むのは絶対にないから、
          頭がおかしくなったのかと思って心配したぞ」

6  アキラ   「バカヤロウー、オレだって、悩みくらいあるわ!」

7  ハヤト   「あっそ、じゃあ、なやんでれば。もう、下校時間だぞ」

8  アキラ   「なに? もう、そんな時間なの」

9  ハヤト   「早く、事務所に行こうぜ」

10  アキラ   「待てよ、ハヤト。オレも一緒に行く!」



(昇降口)



11  亜夢    「ハヤト~、一緒に帰ろう~」

12  アキラ   「げ、亜夢が下駄箱の前で待ってるし」

13  ハヤト   「おう、一緒に帰ろうぜ」

14  亜夢    「帰ろう帰ろう」

15  ハヤト   「別に、腕に絡みつかなくてもいいだろ、亜夢」

16  亜夢    「いいじゃん、亜夢がしたいようにしてるんだもん」

17  アキラ   「コラ、亜夢。ハヤトが、嫌がってるだろ」

18  亜夢    「なに? アキラ? もしかして、ヤキモチ?」

19  アキラ   「だから、違うって言ってるだろ!」

20  亜夢    「自分の気持ちに素直じゃない人なんかに、負けないから、いいんだもんね~」

21  アキラ   「べ、別に、素直とか関係ないし」

22  ハヤト   「なんだ、アキラは、自分にウソをついてるのか?」

23  アキラ   「そんな訳ないだろ。早く、事務所に行くぞ」

24  ハヤト   「なに、怒ってるんだ、アキラは?」

25  亜夢    「ふん、無理しちゃって。そんなの、かわいくないよ~だ」


(事務所)


26  アキラ   「ただいま~、岬さん」

27  ハヤト   「ただいま到着、っと」

28  亜夢    「ただいま~、岬さん」

29  岬     「おかえりなさい。アキラちゃん、ハヤトくん、亜夢ちゃん」

30  アキラ   「早速、プログラムのテストやるぞ、亜夢」

31  亜夢    「ほいほ~い、任せといて~」

32  岬     「今度こそ、見つかればいいわね」

33  アキラ   「絶対見つけて、犯人をこの手で捕まえてやる」

34  ハヤト   「頼むぞ、アキラ。ターボ使うのも、体力消耗するから、
          一日1回が限界なんだからよ」

35  アキラ   「はいはい、期待してて。ゼッタイ、スゴイプログラムを使えるようにするからさ」

36  亜夢    「ほんじゃ、最初は、こいつでいこうっと、ポチっとな」

37  アキラ   「亜夢、なんのプログラムなの?」

38  亜夢    「アキラのピコフォンに送ったのは、No.012(ナンバートゥエルブ)のフリーズ。
          これで、犯人の体を動けなくさせちゃえば、簡単に捕まえられる、ってわけ」
          
39  アキラ   「おお、なんかすげえー、プログラム」

40  亜夢    「これ、高かったんだからね。無駄にしないでよね」

41  アキラ   「わかってるって。お、オレのピコフォンに、プログラムが来た。そんじゃ、行くぞ。
         『ポケットシステム発動! サーバー泉(いずみ)に接続! 
          No.012(ナンバートゥエルブ)フリーズ選択! ダウンロードッ!!』」
        
42  アキラ   「ねえ? これで、使えるの?」

43  亜夢    「使ってみれば?」

44  アキラ   「使ってみればって…じゃあ、ハヤト、実験台になって」

45  ハヤト   「なんで、オレなんだよ! やだよ!」

46  アキラ   「だって、ハヤトしかいないじゃん!」

47  ハヤト   「そんなの逃げるに決まってるだろ! じゃあな」

48  アキラ   「待て、ハヤト! フリーズ!」

(間)

49  亜夢    「出て行っちゃったね、ハヤト」

50  岬     「世界陸上の選手みたいに華麗なフォームで突っ走っちゃったわね、ハヤトくん」

51  アキラ   「なんだよ…結局、オレには使えないのかよ…」

52  岬     「アキラちゃん、気を落とさないで、次があるから、ね」

53  アキラ   「岬さん、優しい、ありがとう。
          でも、岬さん。誰でも、適合するプログラムが、1つだけあるんですよね?」
       
54  岬     「サーバー泉が提供してるプログラムは、1人に1つだけプログラムが適合されるはずよ。
          1人で複数の適合するコトもないし、まったく適合しないのも、おかしいわよね~
          絶対に、例外なんて無いはずなのよ。
          世界でも、トップクラスの会社なんだから、不具合はないはず」
       
55  アキラ   「どこにあるんだよ。オレに適合するプログラムは…」

56  亜夢    「あるに決まってるじゃない」

57  アキラ   「え? あるの? どこだよ、どこにあるんだよ! 早く教えろよ!」

58  亜夢    「それは、〝ナンバー圏外〟だよ」

59  アキラ   「だ・か・ら~。それは、イヤだ、って言ってるだろ」

60  亜夢    「ナンバー圏外だったら、フリーのプログラムがいっぱいあるし、経済的にも助かるんだけどな~」

61  アキラ   「ナンバー圏外のプログラムは、ろくなのないのは、知ってるだろ?」
       
62  亜夢    「例えば~、お弁当温めるプログラム、どこでも電池を充電できるプログラム、
          1センチだけ、宙に浮けるプログラム…」

63  岬     「リモコンが無くても、エアコンのスイッチ入れられるプログラム、
          ネコの好きなマタタビの香りを出せるプログラム、
          シャツを0.1秒でたためる、とかね」
  
64  アキラ    「そんなの、やなんだよ。
           オレは、仕事で使えるプログラムが欲しいの!」
       
65  亜夢     「ホント、わがままだな~」

66  アキラ    「だってさ、犯人にまたたびの香りをかがせたって、意味ないだろ?」

67  亜夢     「それじゃ、とっておきのプログラムを、アキラのピコフォンに送るか」

68  アキラ    「え? マジで? あんの?」

69  亜夢     「だから、今から送るよ。ぽちっとにゃ~」

70  アキラ    「さすが、天才ハッカー美少女だ! ありがとう」

71  亜夢     「いやいや、もっと褒めていいんだよ?」

72  アキラ    「きた! どんなプログラムかな~、っと」


(亜夢のパソコンにメールが届く)


73  亜夢    「あ!? 司令長からの音声通信だ」

74  アキラ   「仕事の依頼か!?」

75  岬     「今日は、やけに早いのね。なんか、嫌な予感がするわ」

76  亜夢    「ひらくよ」

77  司令長   「秋葉原の、お宝発掘招き猫店パンドラで、暴れている凶悪犯が1名居るとの通報。
          直ちに、片付け屋アサシン、向かってくれ」
       
78  アキラ   「凶悪犯が、暴れてるって」

79  岬     「ハヤトくんは、ピコフォンで呼ぶから、アキラちゃんは、大至急、お店に向かって」

80  アキラ   「わかりました。行ってきます」



          ー シーン2 終了 ー

1話 シーン3へ続く



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

春ト

Author:春ト
声音楽園3ねん8くみの担任である春トでございます。 楽しいクラスにしていきたいですね。
ツイッター
@hukaharahumie

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。