スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラス振興会 5話

原作:春ト

この台本の
著作権は作者にあります。
著作権は放棄してません。

《配役》

『ドク』
高校1年生、男、主人公
頭脳担当


『レオ』
高校3年、男
ナレーション、好きなことはスキだとハッキリ言う


『チビ森』
高校2年生、男
小さくて、口が悪い


『福愛(ふくめ)』
高校3年生、女
女好き、会長が一番好き


『ミコ』
高校2年生、女
母性溢れる女神のような女性


『パル』
高校1年生、女
かわいい、マスコット的存在


『ガオウ』
高校3年生、男
会長にして最強の学生



比率4:3



1   ガオウ「この高校に新しい会を作るんだ」

2   福愛 「どんな会なの?」

3   ガオウ「この学校を良くするための会だ」

4   福愛 「なにそれ? 生徒会みたいなこと?」

5   ガオウ「近いけど、違うな。
誰かに言われて、使われるのはいやだから
自主的に動く人材を集めて
        楽しいイベントを毎日考える場所を作りたいんだ」

6   福愛 「ガオウらしい考えだけど、ホントにできるの?」

7   ガオウ「はは、俺だけじゃできない。福愛、おまえが必要だ。
        手伝ってくれないか?」

(回想終了)

8   パル 「廊下から足音がします」

9   チビ森「会長だ。とうとう来たぞ」

10  ミコ 「なんだか緊張しますね」

11  ドク 「作戦どおりお願いします」

12  福愛 「任せておけ」

13  ドク 「倒れた時に、みんなの連携で勝敗が決まるんです。
        チャンスは一度きり、失敗はできません」

14  パル 「足音が・・・ドアの前で、止まりました・・・」

15  チビ森「入って来るぞ・・・」

(ドアが開いて会長が一歩、前に踏み出す)

16  ドク 「引け!」

17  チビ森「よっしゃ! 転んだぞ!」

18  福愛 「いまだあああ!!!」

19  ドク 「そ、そんな!」

20  チビ森「なんだよ、あの動きは」

21  ミコ 「あんなに素早く動けるなんて、
        本当に人間なんですか?」

22  ガオウ「がああああああああ!」

23  ドク 「危ないミコさん!」

24  ミコ 「ドクくん、ありがとう。助かりました」

25  チビ森「刀を振り回して、まるで化け物じゃねーか」

26  福愛 「ガオウ、私よ。福愛よ。
        分からないの?」

27  ガオウ「はああああああああ!」

28  チビ森「副会長よけろ!」

29  福愛 「どうしてこんなことをするの?
        こんなのあなたらしくないじゃない!
        この学校を誰よりも愛していたあなたが、
        どうして、壊しているの!?
        新しく作り変えようとしていたのに!」

(ガオウに刀で襲われそうになる)

A    ガオウ「がああああ!」

B    福愛 「くっ…」

30  レオ 「福愛・・・」

31  福愛 「私を庇って・・・」

32  レオ 「今のガオウは、福愛の、知ってる、ガオウではない・・・
        目の前の、愛する男は、本能で、暴れまわる、
        怪物だ、逃げろ・・・」

33  福愛 「レオしっかりして! レオ!」

34  チビ森「ドク! どうにかしてくれよ。
        このままじゃ、みんな・・・」

35  ドク 「分かってる! 
        レオさんが最後の力を振り絞って
        副会長の盾になった。
        これ以上、血を流せることはしない!
        絶対に、会長を止めるんだ!」

36  チビ森「なんでもいいから武器を持て!
        パル! 早く、モップを取れ!」

37  パル 「勝てるわけないよ!
        刀を持ってるのに・・・
        怖いよ・・・怖いよ・・・」

38  ガオウ「がああああああ!」

39  チビ森「逃げ惑うしかないのか!?
        どうすればいいんだよ!
        誰か、教えてくれ!」

40  ドク 「落ち着け、考えるんだ。
        周りを良く見ろ。
        何がある。僕たちが持ってきた竹刀やデッキブラシ。
        武器になりそうなものと、本棚に花瓶とやかん・・・
        やかん!? そうか! IHヒーターでお湯を沸かしてるから
        この部屋には、コンセントがある!
        よし、コレしかない。チビ森、そのまま会長をひきつけとくんだ!」

41  チビ森「おいおい、ひきつけるって、そう長くはもたねーぞ!」

42  ドク 「ホンの少しで十分! ミコさんお湯を持ってきて」

43  ミコ 「お湯って?」

44  ドク 「やかんを早く取って」

45  ミコ 「は、はい!」

46  ドク 「会長! 捕まえたー!」

47  チビ森「後ろから会長を羽交い絞めにして、何をするんだ!」

48  ドク 「ミコさん! 会長にお湯をかけて!」

49  ミコ 「ええいっ!」

50  ガオウ「ぐああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

51  ドク 「チビ森、会長の足を掴め!」

52  チビ森「掴んだぞ! そのあとは?」

53  ドク 「腕を掴んだボクが、会長の濡れた指で
        コンセントに触れたら、漏電だ!」

54  ガオウ「ああああああああああああああ!!!!!」  

55  チビ森「ドク! 刀は、まだ持ってるんだぞ!」

56  ドク 「ヤバイ! 間に合わない!」

57  ドク 「あれ? なんか、ゆっくり見える。
        会長の動きがスローモーションしてる。
        ああ、このままだと、僕の首が飛ぶ。
        なんだ、僕は死ぬんだ。
        そうか、そうなんだ・・・
        これで、全ておしまい、か・・・」

58  ドク 「ん? いくらなんでも、遅すぎない?
        もう、とっくに僕が斬られてもおかしくないのに、
        会長の腕が止まってるように見える。
        あ、見えるんじゃなくて、止まってる!?」

59  福愛 「ドク、私が抑えてるから早くしろ!」

60  ドク 「副会長!?」

61  福愛 「ドク、これで会長を止められる。
        ありがとう、ためらわずに、思いっきりやって」

62  ドク 「副会長・・・分かりました。
        会長は、副会長やレオさんに迷惑かけすぎですから、
        もう寝てください!」


(病院のベッド)


63  ガオウ「福愛・・・か?」

64  福愛 「お帰りなさい、ガオウ」

65  ガオウ「ココはどこだ?」

66  福愛 「病院よ」

67  ガオウ「病院? なんで?」

68  福愛 「覚えてないの?」

69  ガオウ「記憶が途切れ途切れで、
        ゴチャゴチャに散らかってて、
        夢か現実か区別できない」

70  福愛 「覚えてなくてもいい。
        あんな記憶は、あなたに必要ない」

71  ガオウ「でも、懐かしい記憶は残ってる。
        久しぶりに、レオに会った気がする。
        あと、クラス振興会のみんなに会った。
        そして、俺は、嬉しかったんだ。
        それだけは、忘れてないんだ」


72  ドク 「会長は無事に退院した。
        大暴れした会長は退学をさせられて、
        海外のボランティアで頑張っている。
        その後をついて行った副会長は、
        会長の手伝いができて嬉しそうだった。
        そして、副会長がどうして会長が暴れていたのか、
        日本を離れる前に教えてくれた」

73  福愛 「ガオウは、自分の学校を良くしようと、
        色々な学校を見て回って、良いところを
        吸収しようとしていた。
        けど、格段な力の差を見せ付けられて
        自信を失くしてしまった。
        そして、今度は自分の学校を他の学校に
        見てもらうことになった。
        ガオウは、自分の学校は完璧でないから
        見せることは恥をさらすことになる。
        だから、初めからなかったことにすれば
        見せることもない、と思って、
        学校を壊すために暴れたの」

74  ドク 「そして、会長と副会長が居なくなった
        クラス振興会は、僕たちの手で
        続けることを決意した。
        だって、誰からも命令されることもなく
        楽しく学校を盛り上げるため
        面白いメンバーで毎日がたいくつしないんだから
        辞める理由なんかない」

        

        -終了ー


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

春ト

Author:春ト
声音楽園3ねん8くみの担任である春トでございます。 楽しいクラスにしていきたいですね。
ツイッター
@hukaharahumie

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。