スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラス振興会 1話



原作:春ト

この台本の
著作権は作者にあります。
著作権は放棄してません。

《配役》

『ドク』
高校1年生、男、主人公
頭脳担当


『レオ』
高校3年、男
ナレーション、好きなことはスキだとハッキリ言う


『チビ森』
高校2年生、男
小さくて、口が悪い


『福愛(ふくめ)』
高校3年生、女
女好き、会長が一番好き


『ミコ』
高校2年生、女
母性溢れる女神のような女性


『パル』
高校1年生、女
かわいい、マスコット的存在



比率3:3





1    福愛    「中華丼を調理中だった中華なべから
            龍の如く火炎が燃え上がり、
            家庭科室のカーテンに着火して、
            瞬く間に燃え広がり、もはや火の海です。
            速やかに、授業を中断して、
            ちゅうちょせずに 
            校庭に避難してください」(早口)



2    レオ    「福愛は紙きれをテーブルの上に置いた」

3    チビ森   「副会長! その紙はなんだ!」

4    福愛    「今度、避難訓練あるじゃない、
            全校生徒に放送するセリフよ」

5    チビ森   「何で、そんなにコト細かに言わないといけないんだよ?」

6    福愛    「あのね、このセリフは、教師どもが、何度も直して直して、
            やっと、この形になったの。会長が居ればもっと良くなるんだけど
今は居ないから、コレに決まったってわけ」

7    レオ    「つまらなそうに福愛は紙をヒラヒラさせた」

A     チビ森   「あの会長なら、スパッと綺麗に決めてくれるだろうな。
            もっと、言いやすいようにな」

8    福愛    「このセリフ、はじめは、『家庭科室が火事です』だったのよ。
            ところが、どうして火事になったのか、
            分からないとダメだろう、ってことになって、
           『調理中に火事が起きました』ってなったんだけど、
            どんな料理してたか気になると言い出した奴がいて、、
            そんなの何でもいいじゃん、ってことで味噌汁になって、
            でも、それじゃ、火事にならないだろうって、
            中華丼になったんだけど、もう少し、火が燃え移りそうな
            料理があるはずだ、ってことで、テレビの料理番組で見る
            シェフがフライパンにワインを入れて、
            アルコールを飛ばすときに出る炎が燃え上がる
            過激な料理がいいんじゃないか、って意見が出たんだけど、
            そもそも、高校生が本場のイタリヤ料理作る授業は
            ないだろうって、ことで、結局中華丼になって・・・」(早口)

9   チビ森    「ストーップ! もういい、理由はわかったから」

10  ミコ     「副会長、このセリフって、長すぎませんか?」

11  福愛     「そんなのどう考えたって長すぎよ!
            でも、早口で言えばいいだろうって押しつけられたの。
            ホントにバカじゃないの教師どもは!」

12  レオ     「鬼のような形相で福愛はテーブルに拳を1発入れた」

13  福愛     「しかも、避難訓練だから、
            素早く的確に知らせないと混乱するから
            噛まずに言い切らないといけないのよね~
            ああ、大変・・・」

14  チビ森    「まあ、それも副会長の仕事だからな、頑張れよ」

15  福愛     「なに、言ってるのチビ森くん。
            上からの命令で、我が『クラス振興会』の中で、
            放送する人を決めなさいって言われたの」

16  みんな    「なんだってえええええ!!!!!!!!!」

17  レオ     「福愛以外はイスから立ち上がって驚いた」

18  福愛     「はいはーい、みんな良く聞いて。
            これから、この避難訓練のセリフを
            誰が言うか決めたいと思いまーす。
            ただし、選ばれたくないからって、
            わざと噛んだら、殺す」

19  チビ森    「拒否権は?」

20  福愛     「ない!」

21  チビ森    「そんなー!」

22  福愛     「そんじゃ、存在感の薄いドクから言ってみよう」

23  ドク     「いっさい話に入り込んでなかった僕からなの?」

24  福愛     「当たり前じゃない、あんただって、
            立派なクラス振興会のメンバーなんだから」

25  ドク     「それなら、パルちゃんもお菓子食べてるだけで、
            話に参加してなかったよ」

26  パル     「はひー! わたしですか?」

27  福愛     「パルちゃんは、かわいいから最後なの。
            ドクはつまんないから、もうやらなくていいわ。
            存在がつまらないし、特徴がなさすぎ!
            だから、チビ森、言え」

28  チビ森    「ドクいいな~、言わなくて」

29  ドク     「僕、つまんないし、特徴がないって言われたんだよ
            メンタルのダメージが半端ないよ」

30  福愛     「そう言えば、チビ森の家庭科の担当って誰?」

31  チビ森    「カヤマだけど?」

32  福愛     「なるほど、かやま先生の・・・」

33  レオ     「紙に何かを書いている福愛」

34  福愛     「はいこれでやってみて」

35  チビ森    「なんで付け足してんだよ!」

36  福愛     「いいじゃない。これで、より的確になったじゃない」

37  チビ森    「めんどくせーことすんなよ。
            これを噛まずに早口で言えって、ムリだろ!」

38  福愛     「背も小さいけど、肝も小さい男ね」

39  チビ森    「誰が小さすぎて後ろの席からでも黒板が良く見えるだ!」

40  福愛     「そこまで言ってないし、つべこべ言わずにやりなさいよ。
            あー、喋りつかれて喉渇いた~、
            ミコ、お茶淹れて」

41  ミコ     「はいはい、今、お茶用意しますね~」

42  レオ     「ミコは立ち上がり、部屋の奥でお湯を沸かす。
            ちなみに、ミコは巫女の格好をしている。
            実家がお寺とか神社ではなく、
            巫女の格好が好きだから着ているのだ!」

43  チビ森    「つーか、レオ。さっきから、独り言多すぎだぞ。
            なんで、いちいち俺達の動きを説明してるんだ」

44  レオ     「うるさい、色々と事情があるのだ。
            見ることができないから俺がみんなに
            全てを伝えなきゃならんのだ!」

45  チビ森    「みんなって、誰もいないのに、
            壁に向かって喋ってるだけじゃねーか」

46  レオ     「お前には、100年たってもわからんことだ」

47  チビ森    「なんだよそれ」

48  福愛     「もういいから、さっさとやりなさいよ」

49  チビ森    「わかったよ。
           『加山先生が受け持つクラスの授業中に
            中華丼を調理中だった中華なべから
            龍の如く火炎が燃え上がり、
            家庭科室のカーテンに着火して、
            瞬く間に燃え広がり、もはや火の海です。
            速やかに、授業を中断して、
            ちゅうちょせずに 
            校庭に避難してください』
            よっしゃー! 言い切ったー!」


50  福愛     「まだ足りないわ、この説明文」

51  ミコ     「そうですね~、こんなのは、どうでしょう?」

52  福愛     「おお、いいね~」

53  チビ森    「こらー! 噛まずにちゃんと言えたのに
            何も言ってくれないって、どういうことだ?」

54  ドク     「す、すごかったよ。僕だったら、噛んじゃうよ。
            すらすら言えちゃうって、やっぱり天才だね」

55  チビ森    「ありがとよ」

56  パル     「うわっ、チビ森くん、単純です」

57  福愛     「パルちゃん、コレ読んでみよう」

58  パル     「わ、わたしですか?」

59  福愛     「では、言ってみよう~」

60  レオ     「満面な笑顔で福愛は、困っているパルに紙切れをヒラリと渡す」

61  パル     「で、では、いきます。
           『香川県出身の加山先生は、
            家庭的な男性がいいと
            理想を暴露しているのに、
            彼氏もまったくできず、
            周りの同級生は次々と結婚していき
            行き遅れを恐れる日々が続いている女教師が
            受け持つクラスの授業中に
            中華丼を調理中だった中華なべから
            龍の如く火炎が燃え上がり、
            家庭科室のカーテンに着火して、
            瞬く間に燃え広がり、もはや火の海です。
            速やかに、授業を中断して、
            ちゅうちょせずに 
            校庭に避難してください』
            はひー、なんとか言えました~」

62  福愛     「ベリーグッド! かわいい、そしてかわいい。
            大事なことなので2回言いました。パルちゃん、かわいいー!」

63  パル     「あ、ありがとうございます」

64  福愛     「今夜は、寝かせないぞ」

65  パル     「はひー、副会長にお持ち帰りされます~。
            ペロペロされて、メイド服着せられて、
            人間ドールされます~。
            助けてください、ミコさん」

66  ミコ     「あらあら、まあまあ。
            大変、羨ましいですね~」

67  レオ     「くそー! パルごときに負けられん!
            俺が一番、福愛を愛してるのだー!」

68  福愛     「レオ、キモい。死んで。今すぐ死んで」

69  レオ     「激おこプンプン丸の福愛も大好きだー!」

70  福愛     「うっさい! 次は、レオが言いなさい。
            ただし、噛んだら、裸で校内1周してもらうからね」

71  レオ     「ふん、たやすい。
            先ほどの説明文では生ぬるいので
            俺のアレンジを加えて言い切ってやる」

72  福愛     「いい心がけじゃない。やれるモンならやってみなさいよ!」

73  レオ     「ゆくぞ。
           『香川県出身の加山先生は、
            家庭的な男性がいいと
            理想を暴露しているのに、
            彼氏もまったくできず、
            周りの同級生は次々と結婚していき
            行き遅れを恐れる日々が続いている女教師が
            受け持つクラスの授業中に
            音無という女の子が、
            生き別れの妹にそっくりなことに気づき、
            親の名前を確認したところ、
            一致したため、音無にも生き別れの姉が居ることを知り、
            これは間違いないと確信し、
            感動的な再会を果たしたのだが、
            感激のあまり、手元が狂い油をぶちまけたおかげで
            中華丼を調理中だった中華なべから
            龍の如く火炎が燃え上がり、
            家庭科室のカーテンに着火して、
            瞬く間に燃え広がり、もはや火の海です。
            逃げる最中に、もう一度再会しようと約束した
            加山先生と音無は手を取り合って
            家庭科室をすばやく去るのであった。
            他のクラスも速やかに、授業を中断して、
            ちゅうちょせずに 
            校庭に避難してください』」


74   ドク    「ストーリー重視になってる」

75   チビ森   「負けたぜ」

76   パル    「感動しました」

77   ミコ    「完璧です。文句のつけどころがありません」

78   福愛    「やっぱり、長すぎるから、
           『家庭科室から火事が起こりました』
            にするわ」

79   レオ    「今までのはなんだったのだー!」


終了 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

春ト

Author:春ト
声音楽園3ねん8くみの担任である春トでございます。 楽しいクラスにしていきたいですね。
ツイッター
@hukaharahumie

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。