スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繋がるシリ-ズ 24:00




作者:春ト

著作権は春トにあり、勝手な公開は厳禁。
著作権を破る者には、厳重な処罰を与える。
ニコ生、こえ部以外の使用は禁止。



タイトル:「繋がるシリーズ 24:00」


絵ノベルで楽しめて、
少しセリフ違ってるバーションを
読みたい方はココをクリック!


男女比1:1



あき♀ 妻 長年の結婚生活に危機を感じている

良太(りょうた)♂ 夫 浮気の疑いをかけられている







1 良太 「すまない、今日も遅くなる」

2 あきM と、夫からのメール。
もうすぐ結婚記念日なのに、
      夫は祝う気ゼロ。
      仕事で遅い訳じゃない。

3 あきM なんだか、お互いの距離が
      どんどん離れている気がする。

4 あきM もしかして、浮気?
      離婚。
      ふと頭に浮かんでしまう言葉。

5 あき 「このままでいいのかしら?」

6 あきM とうとう結婚記念日当日。
      期待してない訳じゃないけど、
      そわそわしてしまう。

7 あきM そして、夫からメールが届く。
      気になる内容は、

8 良太 「今日は、早く帰る」

9 あきM え? ホントに!?
      あの人、やっぱり覚えてたんだ。
      結婚記念日を・・・嬉しい。

10 あきM だけど、いくら待っても
      夫は帰って来ない。

11 あきM 遅い・・・
      何してるのかしら?
      やっぱり浮気なの?

12 あきM もうすぐ夜の12時。
      特別な日が終わろうとしている。

13 良太 「ただいまっ!」

14 あき 「遅い! ウソつき!
      あんた、今日が何の日か知ってるの?」

15 あき 「いつも、夜遅くまで何してるの!?
      やっぱり、浮気なの!」

16 良太 「すまない。
      直してて遅くなった」

17 あき 「なに、これ?」

18 良太 「何って、夫婦(めおと)湯のみだよ。
      こっちが君のだ」

19 あきM ヒビが入った2つの湯のみを
      差し出す夫は照れ隠しで顔を逸らす。

20 あき 「もしかして、コレ作ってたから、
      最近遅かったの?」

21 良太 「あ~、そうだ。
      今日は結婚記念日だから、
      サプライズプレゼントだ」

22 良太 「でも間に合わなかった。
      乾かす時にヒビが入って
      直すのに手間取った」

23 あきM よく見ると、接着剤で、
      ヒビを直した痕のある湯のみは、
      不細工な出来になっている。

24 あき 「じゃあ、コレでお茶入れるわね」

25 良太 「いつまでも、この湯のみで
      君の淹れたお茶を飲んでいいかな?」

26 あき 「もちろんよ」


24:00 END

心が繋がったら未来へ繋ごう



スポンサーサイト

繋がるシリーズ 20:00


作者:春ト

著作権は春トにあり、勝手な公開は厳禁。
著作権を破る者には、厳重な処罰を与える。
ニコ生、こえ部以外の使用は禁止。


タイトル:「繋がるシリーズ 20:00」


絵ノベルで楽しめて、
少しセリフ違ってるバーションを
読みたい方はココをクリック!


男女比1:1



さわ子♀ 20代後半 部屋が汚い

良太(りょうた)♂  20代後半







1 良太  「俺たち別れよう」

2 さわ子 「それ、本気で言ってるの?」

3 良太  「もちろんだ。正式に宣言するからよく聞け」

4 良太  「小野田良太は中山さわ子と別れます」

5 さわ子M それだけ告げて、6年間付き合った彼は出て行った。

6 さわ子M 突然のお別れ。
       うまくやれてると思ったのは
       私だけだったみたい・・・

7 さわ子M 無気力。
       ダルい。
       生きるのがツライ。

8 さわ子M 部屋は、次々とゴミで散らかっていく。
       時間が経てば埃も積もる。

9 さわ子M もう、何も気にしない。
       でも、たった1つだけ知りたいことがある。

10 さわ子M 別れた理由が分からない。

11 さわ子M 彼に電話しても出ない。
       そうか、今は、元彼だった。

12 さわ子M やる気の出ない日々が過ぎていく。
       生きているのか死んでいるのか・・・

13 さわ子M いきなり、携帯が鳴り出す。
       それは、彼からの電話で
       慌てて出た。

14 良太  「部屋、散らかってないか?」

15 さわ子 「だって、いきなり別れ話されて
       訳分かんなくて・・・」

16 良太  「いつも、言ってるだろ、ちゃんと片付けろって」

17 さわ子M 付き合ってる間も彼から、
       よく汚い、女の子の部屋じゃない
       と言われていた。

18 さわ子 「いや・・・せめて・・・
       別れた理由を教えてよ・・・」

19 良太  「教えてやるから約束しろ」

20 さわ子 「約束?」

21 良太  「汚い部屋を綺麗にする事」

22 さわ子 「わ、わかった。約束する」

23 良太  「この約束を守れば、小野田さわ子となら一緒になりたい」

24 さわ子 「はい、これから、お世話になります」

20:00 END

心が繋がったら未来へ繋ごう


繋がるシリーズ 14:00




作者:春ト

著作権は春トにあり、勝手な公開は厳禁。
著作権を破る者には、厳重な処罰を与える。
ニコ生、こえ部以外の使用は禁止。



タイトル:「繋がるシリーズ 14:00」


絵ノベルで楽しめて、
少しセリフ違ってるバーションを
読みたい方はココをクリック!


男女比2:0(不問2)


健次(けんじ)♂ 学生 良太の親友

良太(りょうた)♂ 学生 健次の親友





1 健次M バドミントンの大会の決勝戦。
      俺は親友と去年約束した。

2 良太 「決勝で戦おう」

3 健次M そして今年、決勝まで俺は来た。
      練習して、練習して、親友と戦うために
      約束を果たすために来たんだ!

4 健次M もちろん、対戦相手は、
      約束した親友だ。

5 健次M 俺は嬉しかった。
      この瞬間を何度も何度も
      夢にまで見た景色だ。

6 健次M 嬉しい・・・
      と、同時に緊迫してきた。

7 健次M 試合は始まり、
      なかなか良かった。

8 健次M 結果は、俺の負け。
      約束した親友が勝った。

9 健次M 悔しかった。
      俺は、たくさん練習して
      がんばったのに

10 健次M 親友が上だった。
      単純で分かりやすい。
      分かりやす過ぎだ。

11 健次M 親友は、すぐに姿を消した。
      敗者は、眼中に入らないんだろう。

12 健次M せっかく、約束を果たしたのに、
      一言も無しだなんて、

13 健次 「あいつ変わったなぁ・・・」

14 健次M 試合が終わり、帰りのバスに乗り込む時、
      親友のバスが向かいに停まっている。

15 健次M 丁度、親友も乗り込む所だ。
      あの後姿が誇らしくも見えたが、
      なんだか哀愁もあるように見えた。

16 健次M 不意に親友が、こちらに振り返った。
      この時、お互いに気が付いた。

17 健次M どうする? と脳裏がよぎり、
      目を逸らしてしまう・・・

18 健次M 刹那に、しかっりと見えた。

19 健次M 親友は、親指を立て白い歯を
      見せながら無邪気に笑った。
      何も言わなかったけど、こう聞こえた。

20 良太 「来年も、勝負しようぜ。また勝つけどな」

21 健次M だから、こちらも親指を立て
      白い歯を見せながら無邪気に笑った。

22 健次 「次に勝つのは、俺だ!」と
      口にはしなかったけど、伝わったはずだ。

14:00 END

心が繋がったら未来へ繋ごう


繋がるシリーズ 12:00




作者:春ト

著作権は春トにあり、勝手な公開は厳禁。
著作権を破る者には、厳重な処罰を与える。
ニコ生、こえ部以外の使用は禁止。


タイトル「繋がるシリーズ 12:00」


絵ノベルで楽しめて、
少しセリフ違ってるバーションを
読みたい方はココをクリック!


男女比1:1


健次(けんじ)♂ 会社員

あき♀ 弁当屋のレジ打ち







1 健次M  俺は毎日、昼は弁当を買いに行く。
       しかも、通っている弁当屋がある。

2 健次M  俺はレジの女と話したい。
       毎日、同じ弁当、同じ時間で、
       レジの女は、いつもカワイイ。

3 健次M  男として、話をしてみたいと
       思うのは当然なのだが、
       未だに1度も話したことが無い。

4 健次  「今日こそ、話しかけるぞ」

5 あき  「いらっしゃいませ」

6 健次  「から揚げ弁当1つ」

7 健次M  今日はいい天気ですね、と話しかけるんだ。
       このタイミングで、言うんだ。
       ゼッタイに!

8 あき  「はい、から揚げ弁当、
       お待ちどう様でした」

9 健次M  清算して、弁当を受け取り、
       話しかけようとすると、
       後ろから視線を感じる。

10 健次M  それは、次に弁当を買いたい客が並んで居る。
       だから、いつも俺は販売の邪魔をしないように
       会社に帰る。

11 健次M  周りばかり気にしているから
       いつも話しかけられない日々が続いた。

12 健次M  あ? レジの女が
       おばちゃんになってる。

13 健次M  どうしたんだろう?
       今日は休みか?

14 健次M  次の日も、その次の日も、
       レジ打ちはおばちゃんだった。

15 健次M  俺は絶望した。
       レジの女は、弁当屋を辞めたんだ。
       もう2度と会えないと思うと・・・

16 健次M  俺は、なんて情けないんだ。
       たった一言も話かける事が
       出来なかった。

17 健次M  天気の話も出来ない、
       最低の男だ。

18 健次  「うわっ!?」

19 健次M  アホみたいに転んで、
       小銭をぶちまけてしまった。
       本当に情けない。

20 健次M  何してるんだ俺は・・・
       なんだか、泣けてくる・・・

21 あき  「大丈夫ですか?」

22 健次  「はい、平気です」

23 健次M  目の前に居たのは、
       あのレジの女だった。

24 健次  「あれ? 辞めたんじゃないの?」

25 あき  「いえ、今は調理の方をしてますけど」

26 健次M  そうか、店の奥に居たから
       気づかなかったのか。

27 あき  「あなた、いつもから揚げ弁当買う人ですよね?」

28 健次  「はい、そうです」

29 健次M  覚えててくれるなんて嬉しいな。
       しかも、普通に話せた。

30 健次  「あの、明日も買いに来て、いいですか?」

31 あき  「いつでも、待ってますよ」


12:00 END

心が繋がったら未来へ繋ごう

繋がるシリーズ 9:00




作者:春ト

著作権は春トにあり、勝手な公開は厳禁。
著作権を破る者には、厳重な処罰を与える。
ニコ生、こえ部以外の使用は禁止。


タイトル:「繋がるシリーズ 9:00」


絵ノベルで楽しめて、
少しセリフ違ってるバーションを
読みたい方はココをクリック!


男女比1:1


さわ子♀ 大学生 

良太(りょうた)♂ 大学生 ボランティアの班長 優男




1 さわ子  「寝オチした」

2 さわ子M  昨夜はskypeで、とある男と
        話し込んでいたからだ。

3 さわ子M  明日、と言っても今日なのだが、
        ボランティアで街のゴミ拾いをする。

4 さわ子M  私は初めてで不安だった。
        けど、昨夜の男性は相談に乗ってくれた。

5 さわ子M  その男性は、私と同じ大学生で
        ボランティアの経験が豊富で
        アドバイスをくれた。
 
6 良太   「大丈夫、大した事はしてない。
        けど、胸を張っていい。
        参加する気持ちが大切だから」

7 さわ子M  会ったこともないし、
        昨夜、初めて話した相手だけど、
        勇気をたくさん貰った。

8 さわ子M  やばい!
        遅れる!
        早く支度しないと!

9 良太   「おはようございます」

10 さわ子  「おはようございます」

11 良太   「それでは、街のゴミ拾いを
        するんですが・・・」
  
12 さわ子M  班長らしき男性が説明してるけど
        緊張で落ち着いていられない。

13 良太   「はい、ゴミ袋」

(若い男性が袋を差し出してくれた)

14 さわ子  「す、すいません。
        初めての参加なので、緊張してて・・・」

15 良太   「君もそうなのか」

16 さわ子  「君もって?」

17 良太   「昨夜、女の子とskypeで話してね。
        初めての参加で緊張するって言うから」

18 良太   「大丈夫、大した事はしてない。
        けど、胸を張っていい。
        参加する気持ちが大切だから」

19 良太   「て、教えてあげたんだ。
        あの子大丈夫かな?」

20 さわ子  「ウソ、こんな偶然あるなんて
        信じられない。それ、私です」

21 良太   「え? マジで?」

22 さわ子M  目の前の優しそうな男性は、
        昨夜skypeで話した男性だった。

23 さわ子M  世間は狭くて、
        運命を感じてしまった。

24 さわ子M  私は初めてのボランティア活動
        だったけど、男性の手助けもあり、
        困る事なく終われた。

25 良太   「今日は、どうだった?」

26 さわ子  「初めてだったけど、
        楽しかったです」

27 良太   「そうか、来週もボランティアあるんだ。
        僕も参加するし、君も参加するかい?」
 
28 さわ子  「はい、がんばります!」


9:00 END

心が繋がったら未来へ繋ごう

プロフィール

春ト

Author:春ト
声音楽園3ねん8くみの担任である春トでございます。 楽しいクラスにしていきたいですね。
ツイッター
@hukaharahumie

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。